さようなら、無駄なものよ

私はさいたま市に住んでいるはずなのに、なぜ宮崎の日南に住んでると、つい偽ってしまったんだろう

日南にいたのは1ヶ月前までだった。

もうこっちに慣れたはずなのに。

私の家の前で待っていたのは住まいのトータルアドバイザーBさんだった。

何か御用ですか?

私は100年前のある満州のホテルであなたと偶然同席したことがある

そうですか、私はさっぱり覚えていません。

あなたは正しい育児とその精神を私に教えてくれた。ありがとう。

今ではこのように立派に職にも就いてる。あなたがあの時強調しておいたとおり、私は何者かになった。

そうなんですか。私はどうしたらいいんでしょう。

いっしょにぼくとついてきてくれ

お断りします。子どもとの時間のほうが私は大切ですから。