幼児期の育児と教育の取り組み方-旅行編-

幼児を育児する段階では、多くの家庭が一緒に公共交通を使って旅行に行くこともあります。最近は鉄道だけでなく、航空機にも幼児を連れて旅行に行く家族連れを見掛けるでしょう。実はこの旅行と言うイベントは幼児への教育ひいては親自身の経験値アップにも非常に大きく貢献するとされます。

まず、公共交通内で幼児連れの場合に非常に多く発生するのが泣きや癇癪などになるでしょう。航空機の場合は知らず知らずの内に気圧が低下することもあって、環境の変化に敏感な幼児は特にこの傾向が著しくなるのです。幼児の場合にこれを繰り返すことでだんだんと泣かなくなるのは、そのような静かにしなければならない環境に自然と適応して来るからです。

これに対して、親も泣いている子供をそのままにしておくのではなくて周りに人に気を配って会釈したり、トイレに行ったりして少しでも静かな環境を維持する努力を行うことを怠らないようにしなければなりません。まさに旅行においては親も人間性を向上させる良い機会と言えるでしょう。